名古屋
   
           
         
  トレーニングをする時 … 知っているのと知らないのでは、結果に差が出るのは当然です、意識して練習しましょう!
 平均ラリー数・ダブルス  
 トッププロの技術・錦織圭  トッププロの技術・全豪オープン  フットワークが変わればテニスが変わる  


 効率よく練習するには...意識して練習する。
 テニスはゲームだから、ゲームの練習が必要です、ゲームの練習をするために、打ち方の練習をするのです。
 打ち方の練習(打球技術の練習)をするのに、実際のゲーム展開をイメージして練習するのと、
 ただ、単に打つのでは、ゲームをした時に、大きな差が出ます。
 意識して練習しましょう...トッププロ選手のゲームをみる。
 最近は、試合のビデオが、結構、You Tube で、見れますので、ぜひ、参考にしてください。
 例えば、フォアハンドストローク、
 同じラリーでも、1面を走らない、ウォームアップでのラリーと、実際のゲームでのラリーでは、ずいぶん、様子が違っています、
 ウォームアップでのラリーだけを見て、、実際のゲームでのラリー展開を見ないで、打ち方の練習を考えたら、
 決して、効率のよい練習とは言えません。
 参考までに、見比べてください!


 2013年1月、全豪オープンの前哨戦、ブリスベーンで行われた大会、マレー対錦織の試合のハイライトです
 フォアハンド、ほとんどのショットは、バックフットで打ってます、バックハンドのバックフットも良く見られます。

  



 2012年4月、マイアミで行われた、 Sony Ericsson Open 3回戦、ナダル対錦織の試合です、
 試合中では、フォアハンドストローク、お互い、Step down して、前足荷重で、打ったショットは、ほとんどないです。

  



 2013年、全豪オープンでの錦織の練習風景です、試合中と違って、余裕を持って打ってますから、
 スイングフォームを見るには、非常に参考になります、立っているポジションは、ベースラインから、結構、下ってます。
 昔と違って、「足を細かく動かして、いつも同じフォームで打つ」ではないです、状況に応じて、後足で打つ、前足で打つです。

  


 2012年8月 シンシナテイでの大会 錦織とデルポトロの練習、試合とは違って、2人とも、1面を使って、相手を、走らせていませんから、
 フォアハンド、バックハンド、お互い、step down して、打ったショットが、結構ありますが、
 錦織の step downしたフォアハンド、良く見ると、左足の動き方が、状況に応じて微妙に違うことに注意してください。