名古屋
   
           
         
  トレーニングをする時 … 知っているのと知らないのでは、結果に差が出るのは当然です、意識して練習しましょう!
 平均ラリー数・ダブルス  
 トッププロの技術・錦織圭  トッププロの技術・全豪オープン フットワークが変わればテニスが変わる   


 効率よく練習するには...意識して練習する。
 テニスはゲームだから、ゲームの練習が必要です、ゲームの練習をするために、打ち方の練習をするのです。
 打ち方の練習(打球技術の練習)をするのに、実際のゲーム展開をイメージして練習するのと、
 ただ、単に打つのでは、ゲームをした時に、大きな差が出ます。
 意識して練習しましょう...トッププロ選手のゲームをみる。
 2013年、全豪オープンの様子が、You Tube で、見れますので、ぜひ、参考にしてください。
 例えば、フォアハンドストローク、
 同じラリーでも、1面を走らない、ウォームアップでのラリーと、実際のゲームでのラリーでは、ずいぶん、様子が違っています、
 ウォームアップでのラリーだけを見て、、実際のゲームでのラリー展開を見ないで、打ち方の練習を考えたら、
 決して、効率のよい練習とは言えません。
 参考までに、練習ビデオはフォームを意識して、試合のビデオはフットワークを意識して、見比べてください!


 2013年、全豪オープン女子シングルス決勝戦のハイライト、リーナのフットワークを見ていると、
 フォアハンド、右に走らされた時のモーグルターン、バックハンドのstep down 後足は、ほとんど浮いてますし、ホッピングしてます。

  


 2013年、全豪オープン男子シングルス、ジョコビッチとマレーの決勝戦ハイライト、今のフォアハンドは、バックフットが基本です、
 ジョコビッチを見ると、フォアもバックも走らされた時のカバーは、オープンスタンスです。

  


 2013年、全豪オープンの前哨戦での練習風景です、スイングフォームを見るには、非常に参考になります、
 ショットとショットの間の小刻みなステップ、フォアハンド、左手の動きや step down した、左足のつま先に注目してください。

  


 2013年 、全豪オープン、フェデラーの練習風景です、フェデラーのフォアハンドも、フットワークが変わってきました、
 Step down しても、前足をホップして打つショットが多くなってます、フォアボレー、手首はかなり屈曲してます。

  


 2013年 、全豪オープン、地元オーストラリアのトミックとの3回戦
 練習では、あまり、見られない、フォアハンドオープンスタンスでのスライスやバギーウィップ
 このハイライトシーンでは、バックハンドは、スライスショットと面を作ってフラットに合わせたショットのみで、トップスピンはありませんでした。